コロナ禍では、体の不調が起きたら「まずはかかりつけ医に相談を」というフレーズをよく耳にしましたが、めまいの場合はどうなのでしょうか? 耳鼻咽喉科専門医の前田陽平先生によると、めま...
ホーム > 和書 > 文庫 > 日本文学 > 実業之日本社文庫 内容説明 広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍...
自民党の作業チームの会合は前回日本学術会議の会長経験者からヒアリングを行ったのに続いて、28日は海外の学術機関の実態に詳しい政策研究大学院大学の有本建男客員教授から意見を聞きました。 有本氏は...
様々な方法を都度試しながら、タスク管理のためのツールとフローは常にバージョンアップしています。もともとマルチタスクタイプなので、それ自体に問題はないのですが、たまに工数が溢れて土日も仕事をする...
NEW 10月28日マヒトゥ・ザ・ピーポー×燃え殻 「それでも忘れたくない光について」 『ひかりぼっち』(イースト・プレス)刊行記念トーク 12月1日(火) OPEN 19:00 / STAR...
『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、日本学術会議に政府が介入する理由について指摘する。***新規会員候補6人の任命を拒否した菅政権だが、...
<論文撤回数ランキング上位10人の半数が日本人──。科学への投資を怠ったツケで不正が蔓延し、研究現場が疲弊している。日本の学術界の闇を指摘する衝撃のレポート。解決に必要な2つの方策とは> (2...
Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers > Communication in Scien...
近年、軍事的に利用される技術・知識と民生的に利用される技術・知識との間に明確な線引きを行うことが困難になりつつあります。他方で、学術が軍事との関係を深めることで、学術の本質が損なわれかねないと...
“いつでも・どこでも”楽しめる テレビ会員限定の番組配信サービス 「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン2」(c) 2014 MRC II Distribution Company L....
The Mexican Senate voted on Wednesday (October 21) to pass a bill that cuts funding from 109 pub...
日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題は、政治と学問の緊張関係を顕在化させた。専門的な知見を積み重ねてきたアカデミアはどうあるべきなのか。2018年にノーベル医学...
Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers > Communication in Scien...
さぁ、不思議な座談会がはじまります。 もともと『MOTHER』の大ファンで、 『MOTHER』にまつわるコンテンツやグッズを YouTubeで紹介してくださっていたコアラさん。 そして、最近『...
※Science Communication Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向を ウォッチするメールマガジンで、毎週1回程度配信されます。 ※詳しくは以下のサイトをごら...
生命科学研究者の「よう」と 病理医ヤンデルこと「いん」のユニットによるPodcast番組。 番組のコンセプトは、専門領域とエンターテイメントの境界をうろうろすること。自分たちの仕事の話はあまり...
良い記事だと思ったらスキしてみよう noteではログインなしでスキできます
筑紫女学園大(福岡県太宰府市)は26日までに、経済的理由などから大学進学へのハードルが高いとされる児童養護施設や里親家庭の子どもたちを対象に、学校推薦型選抜(推薦入試)を導入することを決めた。...
  急にクラッとしたり、視界がグルグルまわったり、揺れている感覚があったり……。そんな「めまい」を経験したことがある方は少なくないかもしれません。わかりやすい痛みもなく、見た目の変化...
マスク着用によって新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ効果が徐々に示されてきていますが、感染予防だけでなく「重症化を防ぐ」効果もあるのではないかという仮説が注目されています。 マスクを着けると新...
粗相した父のお尻を…母の暴挙は一家の”黒歴史”でも本人だってつらかった 読売新聞(ヨミドクター)10/26(月)12:23
選挙前にトランプ氏と米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長の対立も激化=AP 米大統領選の投開票日が刻一刻と近づくなか、新型コロナウイルスを巡ってトランプ大統領と科学者の対立が深まっていま...
日本が世界に誇る科学者である山中伸弥教授の研究所において論文の不正があったことが報道されています。一義的には研究者の倫理観の問題ではありますが、ここに日本の科学研究の大きな問題が露呈しています...
今回の記事で主に登場するみなさんの プロフィールをご紹介します。 ■ おーつか先生/大塚篤司(おおつか・あつし) Twitter 1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。 2003年信州...
{{content.content}}
content.longer_tags