ドイツ、追加予算18兆円規模に 借金ゼロは棚上げ (写真=AP) 

20/03/22 10:33

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/nikkei
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年03月22日(日) 10時33分27秒 +0900
タグ
ドイツ AP ベルリン 石川 ショルツ ロイター通信 GDP 欧州 ECB
言語 ja
カテゴリー 新聞社

コンテンツ概要

【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル政権は21日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、1500億ユーロ(約18兆円)規模の追加予算を計上する方針を固めた。23日に企業の資金繰り支援を軸にした新型コロナ対策を決定する見通しで、追加予算を含めた対策全体の規模はさらに大きくなる。財政黒字を維持して新規の国債発行をゼロにする健全財政路線の継続は断念する。 健全財政路線の棚上げを決めたメルケル首相(右)とショルツ財務相=AP ショルツ財務相が同日、2020年の補正予算を編成する考えなどを明らかにした。ドイツでは新型コロナの感染者が2万人を突破し、死者も増え始めている。企業の資金繰り不安が高まるなか、「はっきりとした力強いメッセージを送ることが重要」(ショルツ財務相)と判断した。 ロイター通信は同日、追加予算を含む経済対策の規模は全体で「7500億ユーロ(約90兆円)を上回る」と報じた。零細企業や個人事業主への支援のほか、企業の資金繰り支援を行うドイツ復興金融公庫への信用供与も盛り込まれる。 さらに「経済安定ファンド」を設置し、企業の債務を最大4000億ユーロ保証するほか、経営が危...