セールスフォース・ドットコム、厚生労働省主導の新型コロナウイルス関連情報共有基盤としてクラウドシステムを構築

20/04/13 10:59

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/codezine
URL https://codezine.jp/article/detail/12175
シェア日付 2020年04月13日(月) 10時59分19秒 +0900
タグ
労働省 Salesforce
言語 ja
カテゴリー ネットメディア

コンテンツ概要

現在、国内の新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、厚生労働省では、都道府県や民間検査機関との情報連携の迅速化に取り組んでいる。 同省では今後、より一層のリアルタイム性が求められる、各都道府県での感染情報の把握や、民間検査機関でのPCR検査状況や受け入れ状況などの確認業務の迅速化を目的に、短期間での開発と柔軟な機能拡張が可能なクラウドベースの情報連携基盤としてSalesforceの採用を決定した。 セールスフォース・ドットコムでは、厚生労働省からの要請を受け、3月中旬より要件ヒアリングを開始しており、約1週間で基本となる情報連携基盤の開発を実現した。厚生労働省では、政令市や中核市、特別区との情報連携基盤として規模を拡大する予定。