ヴイエムウェア、「Virtual Cloud Network」の最新版を発表

20/04/13 10:59

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/codezine
URL https://codezine.jp/article/detail/12171
シェア日付 2020年04月13日(月) 10時59分21秒 +0900
タグ
Virtual クラ VMware IDS IPS NSX ウォール Kubernetes
言語 ja
カテゴリー ネットメディア

コンテンツ概要

同社は、オンプレミス環境でパブリッククラウドの利用体験の実現に向け、クラウドとコンテナ環境でのネットワーク、セキュリティ、アプリケーション検出を簡素化する「Virtual Cloud Network」の最新バージョン「VMware NSX-T 3.0」と「VMware vRealize Network Insight 5.2」をリリースした。 最新版となる「VMware NSX-T 3.0」および「VMware vRealize Network Insight 5.2」の活用により、企業はレイヤ2スイッチングから、レイヤ7アプリケーションファイアウォール、ロードバランシング、IDS/IPSフィルタリングに至るまで、サービス全体のネットワーキング機能を対象に、より高レベルでの自動化とインサイトの把握が可能となる。 具体的には、「VMware NSX-T 3.0」では、「NSX Federation」を導入し、障害からの隔離ゾーンとグローバルポリシーを同期させてクラウドのような運用モデルを実現できる。また、障害からの隔離ゾーンの活用により、ネットワークが脆弱となることを防ぐことで、...