Visual Studio上で帳票アプリケーションを開発できる「ActiveReports for .NET 14.0J」が発売

20/04/13 10:59

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/codezine
URL https://codezine.jp/article/detail/12163
シェア日付 2020年04月13日(月) 10時59分27秒 +0900
タグ
Visual ActiveReports J RDL ASP JS Web WebViewer PDF HTML RawHTML Chart GTIN IVS LookupSet InputField TextBox CheckBox web
言語 ja
カテゴリー ネットメディア

コンテンツ概要

「ActiveReports for .NET 14.0J」では、ページレポート/RDLレポートをASP.NET Coreアプリケーションで出力できるようになった。 また、帳票ビューワをさまざまなWebアプリケーションに組み込めるJavaScriptコンポーネント「JSビューワ」、エンドユーザーがWeb上で帳票の新規作成や変更を行えるデザイナアプリケーションを作成できる「Webデザイナコンポーネント」が追加された。さらに、ASP.NET Web Forms専用の帳票ビューワコントロールである「WebViewer」を刷新することで、PDF、HTMLビューワ、RawHTMLの3つの出力タイプを新たにサポートしている(上記の3機能は「ActiveReports for .NET Professional」のみ対応)。 ほかにも、ページ/RDLレポートを作成するChartコントロールのリニューアルによる「ポーラーチャート」「スパイラルチャート」の追加、複数のページレポート/RDLレポートの結合への対応、商品コード(GTIN)と商品に関連するWebサイトのURLを2次元シンボルとして表示...