量より質か、質より量か?

20/04/25 21:00

登録日

Twitter

メディア

6

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ
URL https://www.paparing-takkenshi.com/en...
シェア日付 2020年04月25日(土) 21時00分43秒 +0900
タグ
or イチロー
言語 ja
カテゴリー 宅地建物取引士

コンテンツ概要

──300時間or400時間? 以前、ネットでこんな記事を読んだことがある。 「宅建合格に必要な勉強時間は、一般に100時間ほどだと言われていますが、、」 誰から聞いたのか、どこで調べたのか知らないが、今の宅建試験に、初学者がわずか100時間の勉強で合格できるはずがない。 仮に100時間の勉強で合格できるとしたら、他の上位資格(行政書士や司法書士など)の合格者か、大学の法学部出身あるいは在学生で、民法の勉強がほぼ必要ない人に限る(注・2020年度は改正民法から出題されるため、ある程度の勉強は必要となる)。 そうでない初学者が、宅建試験に合格するために必要な勉強時間は、一般的には「300時間」だと言われている。では、300時間の勉強をすれば、大抵の人が合格できるのかといえば然にあらず。 ここでいう300時間というのは、ボーダーぎりぎりで受かる人の平均勉強時間だ。 300時間の勉強をすれば、あたかも誰もが合格できそうな錯覚を起こしがちだが、そうではない。ここを取り違えてはいけない。 はっきりとしたデータがあるわけではないが、仮に300時間の勉強で合格できる初学者は、良くて5割いるか...