宅建試験の難易度は?

20/04/28 21:00

登録日

Twitter

メディア

6

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ
URL https://www.paparing-takkenshi.com/en...
シェア日付 2020年04月28日(火) 21時00分59秒 +0900
タグ
FP IT 日本 https
言語 ja
カテゴリー 宅地建物取引士

コンテンツ概要

──偏差値60? 単純に合格率だけで判断すると、宅建試験の偏差値は「60」前後になる。国家資格のみで偏差値を出したサイトでも「57」である。 前回の記事でも少し触れたが、よくインターネットの掲示板に、宅建試験を揶揄して「偏差値50」だとか「普通自動車免許と同レベル」などの書き込みがあったりするが、一切無視していい。 偏差値50だと、合格率も50%程度にならなければならないはずだが、ここ10年の宅建試験の合格率の平均は「15.98%」である。 また自動車運転免許の偏差値は、後述する「国家資格の偏差値ランキング」では35となっている。 偏差値と上位パーセンテージを、偏差値5つ刻みで表記すると次のようになる。 【偏差値】【上位何%か?】 75_0.62% 70_2.28% 65_6.68% 6015.87% 5530.85% 5050.00% 宅建試験の合格率が平均16%だから、宅建試験の偏差値が「60」というのは、あながち間違いではない。ちなみに偏差値59だと18.41%となり、直近10年の合格率(15.2~17.5%)の枠外になる。 ──国家資格の偏差値ランキング ある程度、知名...