まんが本は有効か?

20/04/29 15:00

登録日

Twitter

メディア

3

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ
URL https://www.paparing-takkenshi.com/en...
シェア日付 2020年04月29日(水) 15時00分37秒 +0900
タグ
駿台 建築資料研究社 日建 日経 西東 成美
言語 ja
カテゴリー 宅地建物取引士

コンテンツ概要

──お薦めのまんが本 活字離れが叫ばれて久しいが、宅建のような法律系の資格試験でさえ「まんが本」がいくつも書店に出回るようになった。効果はもちろんあると思うが、それを使う人や時期にもよる。 基本的には、中級者以上の人は使うべきではない。使っていいのは法律の初学者か、法律から遠ざかっている人、あるいはリベンジ組で昨年30点に満たなかったような人だ。使っていい時期は、3月末までか、遅くてもGW前まで。 駿台の『速攻テキスト』や、『らくらく宅建塾』でさえ難しいと感じる人が、そういったテキストに入る前に使う「導入本」といった位置付けだ。 宅建試験の勉強で、まんが本の効果が最大限に発揮されるのは「権利関係」であろう。ただでさえ複雑な権利関係(民法)を、まんがを通して視覚的にインプットできれば、その後活字のテキストに移行してからもスムーズに学習が進むものと思われる。 逆に「宅建業法」や「法令上の制限」は、まんが本に頼らずにそのまま活字のテキストから読み進めた方がいい、というのが私の考えだ。 業法や法令は暗記しなければならない項目も多く、まんが本でそれを表現しようとすると、どうしても無理やり...