不動産取得税&固定資産税【税】

20/06/13 18:05

登録日

Twitter

メディア

7

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ
URL https://www.paparing-takkenshi.com/en...
シェア日付 2020年06月13日(土) 18時05分37秒 +0900
タグ
平成 リン https
言語 ja
カテゴリー 宅地建物取引士

コンテンツ概要

──はじめに 宅建試験では毎年、地価公示法か不動産鑑定評価基準のどちらかが出題されるように、不動産取得税か固定資産税のどちらかが出題される(平成21年度は例外的にどちらも出題されなかった)。 これらはテキストを見ればそれなりの情報量があるが、ポイントとなる部分はそれほど多くない。 私の「要点まとめ」シリーズはどれもそうだが、これらを覚えた後に、過去問を繰り返し解くことによって知識が定着し得点力がアップする。 その2つの相乗効果を期待しての記事である。もっとも、この点は通常のテキストでも同じだが、要点が絞ってあるので時間は大幅に短縮される。 今回は、不動産取得税と固定資産税の重要ポイントを記載していくが、両者には共通点もあるので、比較しながら覚えていくと効率的である。 ──不動産取得税の重要ポイント 【課税主体】~税を課すのは誰か? ・取得した不動産が所在する都道府県 →不動産取得税は「都道府県税」である。 【課税客体】~何に対して支払う税か? ・取得した土地と家屋 →売買、交換、贈与、特定遺贈などで不動産を手に入れた場合や、新築、改築、増築した場合などに支払う。有償か無償かは問...