来週の相場で注目すべき3つのポイント

20/06/21 22:16

登録日

WebSite

メディア

7

シェア重複数

情報

画像
Source https://minkabu.jp/
URL https://minkabu.jp/news/2727262
シェア日付 2020年06月21日(日) 22時16分14秒 +0900
タグ
日経 東京 関西 中京 FOMC 東京ガス 東日本 ナスダック 日本 欧米 FRB 米国 カリフォルニア GDP 東証 マザーズ ISM CTC ウォルト・ディズニー レーザーテック 伊藤忠 任天堂 資生堂 https IPO YN
言語 ja
カテゴリー 株トレンド

コンテンツ概要

来週の相場で注目すべき3つのポイント:4-6月期決算、米雇用統計、コロナ新規感染者数 投稿:2020/08/01 18:09 ■株式相場見通し 予想レンジ:上限22500-下限21500円 来週の日経平均は、戻りの重さが意識されて引き続き軟調な中、下値を探る展開となりそうだ。日経平均は今週31日にかけて今年初の6日続落となったが、この間の下げ幅は1170円強に達した。値幅および日柄的にはリバウンドを試すタイミングながら、東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が連日の過去最高を更新し、東京都では酒類を提供する飲食店などに午後10時までの営業時短の再要請に踏み切っており、景況感に対する警戒感も強まっている。関西・中京圏などでの感染者増加も第2波として意識され始めたことで、東京市場はリスクオフの流れに傾いている。 加えて、FOMC(米連邦公開市場委員会)をきっかけに為替が一時1ドル=104円台に突入する円高傾向となっていることや、東京ガス<9531>やJR東日本<9020>などディフェンシブ性を持つ公益株が決算発表を受けて急落するケースが目立っていることも地合...