道 過去最大の補正予算案提出

20/06/24 21:15

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/suzukinaomichi
URL https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/2...
シェア日付 2020年06月24日(水) 21時15分33秒 +0900
タグ
鈴木 JR
言語 ja
カテゴリー 政治

コンテンツ概要

道議会の本会議が開かれ、道は新型コロナウイルスの緊急対策第4弾となる総額3600億円余りの補正予算案を提出しました。経済対策が柱で、プレミアム付き乗車券や修学旅行誘致などの事業費が盛り込まれています。 定例の道議会は24日に本会議が開かれ、鈴木知事は新型コロナウイルスの緊急対策第4弾となる一般会計の総額で過去最大の3677億円の補正予算案を提出しました。 これで道の新型コロナウイルスの緊急対策費は合計で5088億円になりました。 この補正予算案は今月12日に成立した国の第2次補正予算を受けたもので、▼経済活動の継続や拡大に2341億円、▼医療提供体制の充実・強化に1293億円が計上され、深刻な打撃を受けている経済対策が柱となっています。 具体的には交通事業者への支援と地域経済活性化策として、道内のJRやバス、タクシー、フェリー、飛行機を最大半額で利用できるプレミアム付き乗車券の交通事業者への補助として10億円を盛り込みました。 来月から来年1月までの期間、利用者がプレミアム付き乗車券を買えば1つの交通機関の利用では正規運賃より3割安く、複数の交通機関を組み合わせて利用すれば半額...