金融緩和停止でも上値の重いトルコリラ!

20/06/26 15:44

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/fujitomi_8740
URL https://www.fujitomi.co.jp/stockfx/%e...
シェア日付 2020年06月26日(金) 15時44分42秒 +0900
タグ
トルコ グロス 中国 リビア 日足 D
言語 ja
カテゴリー 株価

コンテンツ概要

  ★昨日トルコ中央銀行は政策金利である1週間レポレートを、市場予想(8.00%に引き下げ)に反して8.25%で据え置いた。昨年7月から9会合連続で合計15.75%の利下げが実施されていたが、ここで一連の緩和策は停止となった。ただ、トルコ中銀の緩和停止にもリラ買いは盛り上がりに欠けたため、暫くは15円台での上値の重さが続く可能性が高い。昨日はトルコ中銀の19日時点の外貨準備高も発表された。グロス残高(金保有高は除く)では532.2億ドルと前週から約4.1%減少し、年初来では34.5%減少となった。先週後半には中国人民銀行との通貨スワップ枠が初めて使用したと発表され、また、リビア暫定政権を軍事支援した見返りのうち、数十億ドルがトルコ中銀に移されたとの報道もあったが、トルコの外貨準備高不足への懸念は拭いきれていない。トルコ金融当局が断続的に実行しているであろうドル売り介入にも限界があると思われ、リラのドルに対する下値警戒感はくすぶったままである。   トルコリラ/円の一目均衡表の日足では、雲の中で徐々に下値を切り下げる52期間の高低の中心値である先行スパン2の当...