IDC Japan、国内情報セキュリティ市場の2019年の実績と2020年~2024年の予測を発表

20/06/30 21:19

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/codezine
URL https://codezine.jp/article/detail/12518
シェア日付 2020年06月30日(火) 21時19分44秒 +0900
タグ
IDC セキュリティアプライアンス マイ クラ SaaS Software マネージドセキュリティサービス 東京 CAGR
言語 ja
カテゴリー ネットメディア

コンテンツ概要

同社は、セキュリティ市場を「セキュリティソフトウェア市場」「セキュリティアプライアンス市場」の「セキュリティ製品市場」と「セキュリティサービス市場」のセグメントに分類して調査/分析を行っている。 2019年の国内情報セキュリティ製品市場は、サイバーセキュリティ基本法やマイナンバー制度にともなうマイナンバー法、改正個人情報保護法といった法規制によって、企業における情報セキュリティ対策への責務が重くなっている中で、身代金要求型のランサムウェア攻撃や、メモリー上で実行するファイルレスマルウェア攻撃、ウイルスへの感染を狙う攻撃メールといった高度なサイバー攻撃が増加していることから、セキュリティソフトウェア製品を中心に需要が拡大し、2019年の前年比成長率は5.6%と堅調だった。 とりわけ、クラウドサービスの利用が拡大していることから、クラウドサービスへの対策としてSaaS(Software as a Service)型セキュリティソフトウェア製品への需要が高く、2019年の前年比成長率は16.7%となっている。 セキュリティサービス市場は、高度なサイバー攻撃の増加によって非シグネチャに...