ダウ平均はプラス圏で推移 IT・ハイテク株が買われる=米国株後半 投稿日時

20/07/01 06:02

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://minkabu.jp/
URL https://minkabu.jp/news/2701801
シェア日付 2020年07月01日(水) 06時02分06秒 +0900
タグ
IT 米国 ナスダック 日経 大証 NY 中国 マイクロン モルガン インテル マイクロソフト ボーイング ディズニー AMD FRB ミラー INO ルル C 3M コカコーラ マクドナルド マン ユナイテッド IBM ファイザー シスコ 野沢 卓美 FX
言語 ja
カテゴリー 株トレンド

コンテンツ概要

ダウ平均はプラス圏で推移IT・ハイテク株が買われる=米国株後半 NY株式30日(NY時間15:42) ダウ平均25738.75(+142.95+0.56%) ナスダック10033.49(+159.34+1.61%) CME日経平均先物22355(大証終比:+85+0.38%) NY時間の終盤に入ってダウ平均は上値は重いもののプラス圏で推移している。きょうのNY株式市場でダウ平均は反落して始まった。前日は予想外に強い米住宅指標をきっかけに、先週末の急落からの買い戻しが強まっていたが、感染第2波への警戒感が強まる中で再封鎖への懸念も強まっている。 景気の先行きに非常に楽観的だった株式市場も、ここに来て上値に慎重さを見せ始めている。一方、足元の経済指標に好調な内容も出ており、きょうは中国の企業景況感指標が回復を示す内容となっていた。感染第2波への懸念の一方で、回復への期待感も温存しており、両方の綱引きが続いている。 きょうはIT・ハイテク株への買いが目立っている。特に半導体への買いが先行。マイクロンが前日引け後に決算を発表しており予想を上回っていたことが好感されている模様。 きょうは...