NYコラム(30日)ダウ平均は戻り売り優勢でスタートへ–中国が香港国家安全維持法案を可決 投稿日時

20/07/01 06:02

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://minkabu.jp/
URL https://minkabu.jp/news/2701729
シェア日付 2020年07月01日(水) 06時02分56秒 +0900
タグ
NY 中国 香港 米国 パウエル FRB ニューヨーク アメリカ 上院 下院 日本
言語 ja
カテゴリー 株トレンド

コンテンツ概要

NYコラム(30日)ダウ平均は戻り売り優勢でスタートへ–中国が香港国家安全維持法案を可決 投稿:2020/06/30 20:00 NY株式市場(30日)米国は香港への輸出優遇措置取り消しへ–パウエルFRB議長の議会証言に注目30日のニューヨーク株式市場でダウ平均は戻り売り優勢で取引が始まりそうだ。中国政府は、30日に注目されていた「香港国家安全維持法案」をスピード可決した。法案は香港が中国に返還されてから23年目を迎える7月1日に施行されるという。一方でトランプ政権は香港への輸出優遇措置を取り消す方針だ。さらにアメリカでは香港国家安全維持法案をめぐる中国への制裁法案がすでにアメリカ議会上院を通過しており、下院の承認後にトランプ大統領が署名すれば成立するスケジュールになっている。中国への制裁法案は香港国家安全維持法案の制定に関与する大手銀行に制裁を発動することが主な柱となっており両国の報復合戦が一段とエスカレートするとの警戒感が台頭している。トランプ大統領による制裁法案への署名はヘッドラインニュースで報じられることも想定しておきたい。ダウ平均は先週末にコロナ感染の第2波への警戒感...