エアバス、1万5000人削減 「需要回復早くて23年」

20/07/01 06:03

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/nikkei
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年07月01日(水) 06時03分20秒 +0900
タグ
エアバス ドイツ ロイター パリ 白石 欧州 フランス 英国 CEO KLM ボーイング ブラジル エンブラエル MAX
言語 ja
カテゴリー 新聞社

コンテンツ概要

エアバスはドイツなどで人員削減する(同社独工場)=ロイター 【パリ=白石透冴】欧州エアバスは30日、世界の人員の11%に当たる1万5千人を2021年夏までに削減すると発表した。同社にとって過去最大のリストラとなる。新型コロナウイルスの流行で航空需要は早くても23年まで元に戻らないとみており、抜本的な対策が必要と判断した。 内訳はドイツで5100人、フランスで5000人、英国で1700人など。自主退職や早期退職などを促すとしており、20年秋にも削減が始まる。削減幅は07年に打ち出した約1万人を上回り、最大となる。 ギヨム・フォーリ最高経営責任者(CEO)は同日、「航空業界の回復は遅々としており、力強さを欠く。当社の未来を守らなければいけない」との声明を発表した。 同社によると、コロナ禍が深刻になったここ数カ月、商用機の生産ペースは計画の6割に落ち込んでいる。顧客である航空会社は軒並み激しい需要減に直面し、エアバスの受注と引き渡しに打撃を与えている。 同社は19年の水準の航空需要が戻るのは「早くても23年、遅ければ25年」だとみている。感染を懸念する消費者が利用を避け、市場が長期的...