格安スマホ通話料半額も ドコモ回線レンタル料下げ裁定  

20/07/01 09:04

登録日

Twitter

メディア

2

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/nikkei
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年07月01日(水) 09時04分55秒 +0900
タグ
ドコモ 東京 千代田 ビックカメラ 有楽町 日本 福田 尚久 日本経済新聞 データ通信 自社 高市 早苗 KDDI ソフトバンク ワイ IIJ ニューヨーク 太田 明広 広瀬 洋平
言語 ja
カテゴリー 新聞社

コンテンツ概要

格安スマホの競争が進む(東京・千代田のビックカメラ有楽町店) 格安スマホの日本通信がNTTドコモに通話回線のレンタル料の引き下げを求めていた問題で総務省は30日、ドコモに値下げを求める裁定を公表した。ドコモと契約する他の格安スマホ会社にも適用され、通話料が半額になる可能性もある。世界的に割高な携帯電話料金の「官製値下げ」の新たな呼び水になりそうだ。 裁定は法的拘束力を持ち30日から適用される。ドコモは12月29日までに日本通信に新たなレンタル料金を示す必要があり、他の格安スマホ事業者にも同条件で料金を設定することになる。数年に及んだドコモと日本通信の争いは、日本通信に軍配が上がった格好だ。 ドコモは30日「当社の主張が認められず大変遺憾である」とのコメントを出した。日本通信の福田尚久社長は日本経済新聞の取材に対し「やっとキャリアと同じ土俵で競争できる」と歓迎。月3ギガ(ギガは10億)バイトのデータ通信と通話し放題のプランを組み合わせ、月額2500円以下を目指すことを明らかにした。 同社の現在の主力プランでは月3ギガバイトまでのデータ通信料が1390円。従量課金の通話料と合わせる...