野村マイクロは上昇加速、半導体純水装置の需要期待で12年8カ月ぶり2000円台 投稿日時

20/07/01 12:02

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://minkabu.jp/
URL https://minkabu.jp/news/2702203
シェア日付 2020年07月01日(水) 12時02分38秒 +0900
タグ
野村 マイ サイエンス 韓国 中国 台湾 PER MINKABU
言語 ja
カテゴリー 株トレンド

コンテンツ概要

野村マイクロは上昇加速、半導体純水装置の需要期待で12年8カ月ぶり2000円台 野村マイクロ・サイエンス<6254.T>は急伸、一時10%超高と値を飛ばしフシ目の2000円大台替えを果たした。同社の2000円台乗せは2007年11月以来約12年8カ月ぶりで実質青空圏を走る展開。半導体向け超純水装置を主力としており、韓国、中国、台湾の大手半導体メーカー向けに高実績を誇り、ここ最近の市況回復の恩恵が見込まれている。20年3月期営業利益は前の期比52%増と高水準の伸びを示しているが、PERは依然として14倍前後と中小型の半導体関連株としては割安感があるほか、信用買い残も軽く上値を見込んだ資金の流入が加速している。 出所:MINKABU PRESS 配信元: