欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、欧米株安観測で週末の有事に備えた買いも

20/07/10 18:07

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://minkabu.jp/
URL https://minkabu.jp/news/2710489
シェア日付 2020年07月10日(金) 18時07分21秒 +0900
タグ
欧米 中国 最高裁 アジア 上海 日経 香港 米国 カナダ EU FA
言語 ja
カテゴリー 株トレンド

コンテンツ概要

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、欧米株安観測で週末の有事に備えた買いも 投稿:2020/07/10 17:25 10日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。中国株安が欧米市場に波及すれば、リスク回避的な円買いが先行しよう。一方で、米最高裁のトランプ大統領への財務記録開示も注視され、週末に向け有事に備えたドル買いが見込まれる。 本日アジア市場では、このところ連騰が注目されていた上海総合指数など中国株が下げに転じたことで、リスク選好ムードが後退。市場では2015年の中国株の乱高下が想起され、足元の調整売りにやや過剰な反応をみせている。また、欧米株式先物の軟調地合いを受け日経平均株価も下げ幅を徐々に拡大し、リスク回避的な円買いが主要通貨を下押ししている。一方、香港国家安全維持法の運用をめぐる豪中関係の悪化や米仏通商摩擦などへの懸念で安全通貨のドルも買われ、ドル・円は107円を割り込んだものの、大幅安は回避された。 この後の海外市場でも、同様の展開が想定される。中国株安に欧米市場が追随し、リスク回避の円買いが先行しそうだ。前日発表された米国の新規失業保険申請件...