◎〔週間外為見通し〕ドル、売られやすい=米企業決算に注目 投稿日時

20/07/10 18:07

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://minkabu.jp/
URL https://minkabu.jp/news/2710482
シェア日付 2020年07月10日(金) 18時07分30秒 +0900
タグ
東京 米国 ナスダック ニューヨーク連銀 フィラデルフィア 連銀 GPIF 日銀 時事通信社
言語 ja
カテゴリー 株トレンド

コンテンツ概要

◎〔週間外為見通し〕ドル、売られやすい=米企業決算に注目 投稿:2020/07/10 17:18 来週の東京外国為替市場のドル円相場は、米国株価次第で「売られやすい地合い」(FX会社)となりそうだ。米国で4〜6月期決算の発表が予定されており、この先、回復に向かう期待が外れた場合、投資家心理が悪化し、米株安と歩調を合わせて、ドル円が下落すると予想される。底堅かった1ドル=106円台半ばを突破した場合、105円台半ば程度まで下押す可能性もある。 今週は、新型コロナウイルスの感染者数が世界的に再拡大した。一方、ハイテク株中心の米ナスダック総合指数は上昇基調を保った。ドル円はこれら強弱材料がいずれも決め手を欠いたことで、107円台でこう着感が強かった。ただ、週末には株安を眺め、ややリスク回避姿勢が先立ち、106円台に下落した。 来週は、米国で決算発表が本格化する。IT企業を中心に先行きの業績回復が示されるか、期待が集まっているといい、期待が裏切られると株価に響き、ドル売りも進みそうだ。金融機関では「引当金がどれくらいか、それが今後も積み上がっていくのかに注目したい」(信託銀行)という。...