起業1年半で20億!タイミー小川嶺に聞く資金調達の裏側

20/07/13 12:08

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://kigyolog.com/
URL https://kigyolog.com/interview.php?id=86
シェア日付 2020年07月13日(月) 12時08分26秒 +0900
タグ
タイミー 小川 日本 タイ ワールドカップ 藤田
言語 ja
カテゴリー IT

コンテンツ概要

日本のために ー「タイミー」はすぐに単発バイトができるアプリですが、開発するきっかけは何だったのでしょうか?   僕自身、常に何かをしていたい人間なので「時間」というものは常に意識していました。 実際、大学2年で起業しようと思ったのも、就活までの空白の時間を「豊かじゃない」と感じてしまったというのが一因としてあります。 じゃあどんなプロダクトで起業しようかと考えたときに、アルバイトのことを思い出したんです。 コンビニや運送業などで日雇いバイトばかりをしていたのですが、時間が足りずにやりたいことができない人を何度も見てきました。 そこで人手が足りていない店舗と、すぐ働きたい人をマッチングできるようにすればいいんじゃないかと考え、できたのがタイミーですね。 好きな時に好きな場所で働けることから、多様な働き方を促進し人手不足に歯止めをかけることができるのでは、と考えています。 ー最近では「タイミートラベル」という新たなプロダクトもローンチされましたね。こちらはどのようなサービスでしょうか?   これは"第二の故郷を見つけよう”をコンセプトとし、地方の人々と労働を通...