一人の強引プレーがChatworkを生んだ

20/07/13 18:08

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://kigyolog.com/
URL https://kigyolog.com/interview.php?id...
シェア日付 2020年07月13日(月) 18時08分59秒 +0900
タグ
Chatwork 敏行 ロサンゼルス コム アメリカ 正喜 Google IT 日本 Skype Ustream 自社 シリコンバレー GMO KPI MAU Pixaboy
言語 ja
カテゴリー IT

コンテンツ概要

迷走した起業当初 「Chatworkは今でこそビジネスチャットツールの会社として知られていますが、もともとは検索エンジン事業から始まったんですよ」 当時、大学生であった敏行氏は、ロサンゼルスに留学していた。 「テレビを見ていると、○○ドットコムといった名前の会社のCMがたくさん流れていたそうなんです。 それを見て、アメリカにいながらも何かがしたいとくすぶっていた兄が見よう見まねでHPを立ち上げたところ、まったくアクセスがありませんでした」 普通ならここで諦めそうなものだが、敏行氏はチャンスととらえた。 サイトの集客支援にニーズを感じ、それに役立つ情報サイトを立ち上げると、瞬く間に人気サイトとなった。 これを事業化した。 主要事業として検索エンジンの登録代行事業をしながら、他にもHP作成やバナー立ち上げなどにも事業を拡大していくにつれ、敏行氏一人では限界を感じるようになった。 そこで声をかけたのが、弟の正喜氏だった。 「当時、大学でプログラミングを学んでいたので、エンジニアとして入りました。 検索エンジン系のツールを10個以上作りましたね」 その後、正式に起業。社員は30人ほどと...