「在宅勤務は生産性が低い」と感じている日本人は40%、その理由は?

20/07/19 18:13

登録日

Twitter

メディア

5

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/tnatsu
URL https://www.itmedia.co.jp/business/ar...
シェア日付 2020年07月19日(日) 18時13分43秒 +0900
タグ
テレ 日本 レノボ・ジャパン ドイツ 米国 ブラジル メキシコ イギリス フランス イタリア 中国 インド GMO 熊谷 佐々木 大輔 CEO by
言語 ja
カテゴリー IT

コンテンツ概要

印刷152ツイートShareシェア15はてなブックマークSharePocket Button8 PR:新型コロナの影響も多大!?早期準備が必要な新リース会計基準 PR:新しい日常に合わせた「オンライン活用術」テレワークも学習も徹底指南! 日本のビジネスパーソンはオフィスで働いているよりも、在宅勤務時の生産性は低いと感じていることが、レノボ・ジャパンの調査で分かった。世界10カ国で働く男女に聞いたところ、「オフィスで働いているよりも、在宅勤務時の生産性は低い」と答えた日本人は40%。世界平均の13%を大きく上回っていることから、「生産性の低さが日本での在宅勤務定着・拡大に向け克服すべき課題としてあきらかになった」(レノボ・ジャパン)としている。 オフィスで働くよりも在宅勤務は生産性が低い?(出典:レノボ・ジャパン) 在宅勤務の生産性が低い理由を尋ねたところ、日本人の67%は「勤務先企業がテクノロジーに十分な投資を行っていない」を挙げている。コロナ禍で在宅勤務時に必要なIT機器やソフトウェアの購入に関して、「会社が全額を負担した」と答えた日本人は31%で、10カ国中最低だった。「一...