日本、米ファイザーとワクチン供給基本合意 6千万人分 (写真=AP) 

20/07/31 21:08

登録日

Twitter

メディア

5

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/nikkei
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年07月31日(金) 21時08分59秒 +0900
タグ
日本 ファイザー AP メリーランド 加藤 勝信 ドイツ 米国 オックスフォード大学 CEO 英国 塩野義製薬 大阪大学
言語 ja
カテゴリー 新聞社

コンテンツ概要

米メリーランド大学でファイザーの開発する新型コロナのワクチン接種を受ける治験参加者(5月4日撮影)=AP 加藤勝信厚生労働相は31日、米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、2021年6月末までに日本側が6千万人分の供給を受けることで基本合意したと発表した。新型コロナのワクチンで初めて、製薬会社から供給を受ける合意に達した。 ワクチンは感染症の予防に使われ、接種することで体内にウイルスなどに対する免疫を獲得できる。ファイザー側も同日、臨床試験(治験)に成功すれば、21年から日本に供給すると発表した。同社のワクチンは1人2回の接種が必要になる見通しで、日本向けは1億2千万回分となる。 同社はドイツの製薬ベンチャー、ビオンテックと共同で開発を進めている。10月にも米国で緊急使用許可を取得するための手続きに入る方針という。日本への供給には日本人向けの治験が必要になるとみられる。 厚労省は新型コロナの感染拡大に歯止めをかけるため、国産ワクチンの開発を支援するとともに、海外製薬大手などからの調達も探ってきた。加藤厚労相は「できるだけ多く供給できるように他社とも...