アジ干物、40年ぶり不漁でピンチ ホッケが王座狙う?  

20/08/01 12:08

登録日

Twitter

メディア

2

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/nikkei
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年08月01日(土) 12時08分27秒 +0900
タグ
日本
言語 ja
カテゴリー 新聞社

コンテンツ概要

日本の朝食を彩るアジの干物。新型コロナウイルスの影響により家で食事する機会が増え、売り上げも好調だ。しかし実はその陰で「干物の王様」の地位が揺らいでいる。原料のアジが約40年ぶりの大不漁。輸入も減り、アジの価格が上昇しているのだ。漁獲好調なホッケに王座を狙われている。 ■アジ漁獲量は年々減少 アジは世界中に100種類以上。日本近海でとれるのはマアジにムロアジ、マルアジなどで、マアジの漁獲量が最も多… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 無料・有料プランを選択 今すぐ登録 会員の方はこちら ログイン