ユーロ週間見通し:もみ合いか、ユーロ・ドルの値動きに追随する可能性

20/08/01 18:05

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://minkabu.jp/
URL https://minkabu.jp/news/2727246
シェア日付 2020年08月01日(土) 18時05分58秒 +0900
タグ
米国 FRB 欧州 EU FA
言語 ja
カテゴリー 株トレンド

コンテンツ概要

ユーロ週間見通し:もみ合いか、ユーロ・ドルの値動きに追随する可能性 投稿:2020/08/01 15:06 ■強含み、米国金利の先高観後退でユーロ買い強まる 今週のユーロ・ドルは強含み。ユーロ圏の7月景況感指数が改善をしたことや、米連邦準備制度理事会(FRB)の大規模な金融緩和政策が長期的に維持されるとの見方が広がったことから、ユーロ買い・米ドル売りが優勢となり、一時1.19ドル台に上昇した。米国経済の早期回復への期待は後退したこともユーロ買い材料となった。取引レンジ:1.1639ドル-1.1909ドル。 ■ユーロ圏経済の回復期待でユーロ選好継続も 来週のユーロ・ドルは底堅い値動きか。欧州連合(EU)復興基金の合意を受けたユーロ買いは継続する可能性がある。ユーロ圏の雇用や個人消費はゆるやかに回復していくことが期待されており、ユーロ買い・米ドル売りが継続する見通し。米連邦準備制度理事会(FRB)による将来的な追加緩和の可能性が残されていることも、ユーロの底堅さに寄与しよう。 予想レンジ:1.1720ドル−1.1920ドル ■強含み、米金融緩和策長期化でユーロ買い強まる 今週のユー...