過激ユーチューバー、摘発相次ぐ  

20/08/02 09:00

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/nikkei
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年08月02日(日) 09時00分35秒 +0900
タグ
ユーチューバー 愛知 岡崎 山口 日本 東京 千代田 渋谷 大阪 西成 岐阜 長良川 志村 岡江 久美子 木村 東洋大 桐生 正幸
言語 ja
カテゴリー 新聞社

コンテンツ概要

動画の再生回数を稼ぎたい「ユーチューバー」の迷惑行為が刑事事件に至るケースが相次ぐ。虚偽の被害届や行方不明者の消息を流すなど、過激化も進む。専門家は「視聴する側が面白がらない」ことが大切と指摘している。 自称ユーチューバーの男は、愛知県の商業施設で会計前の魚の切り身を開封する様子をユーチューブに公開した 「店の商品、会計前に食ってやったぜー」。5月29日、「へずまりゅう」の名前で活動する自称ユーチューバーの男(29)が愛知県岡崎市の商業施設で、魚の切り身1パック(428円)を会計前に食べる動画を撮影した。県警は会計前の商品を食べる行為が窃盗にあたると判断、7月11日に男を窃盗容疑で逮捕した。男はその後新型コロナウイルス陽性が確認され、滞在していた山口県などで感染を拡大させたとして同県知事らから苦言を呈された。 ユーチューブでは再生回数に応じて広告料の一部が投稿者に支払われる。世界では60億回超の動画もあり、トップクラスの年収は1億円を超えるとされる。現在80カ国以上で数百万人が動画から収益を得ているとみられる。 日本でも有名人の参入やユーチューブ発で個性派タレントが誕生。ユーチ...