Publisher Ads Audits for Lighlthouseで広告が発生させる大きなCLSを調べる

20/09/07 07:42

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://www.suzukikenichi.com/blog/
URL https://www.suzukikenichi.com/blog/pu...
シェア日付 2020年09月07日(月) 07時42分49秒 +0900
タグ
Publisher by Core Google PageSpeed CLS px min ClS AMP
言語 ja
カテゴリー SEO

コンテンツ概要

Publisher Ads Audits for Lighlthouseで広告が発生させる大きなCLSを調べる 投稿日:2020年8月31日by Kenichi Suzuki [レベル: 上級] Publisher Ads Audits for Lighthouse が v1.2.0 にアップデートし、広告に関連した CLS を検出するようになりました。 Publisher Ads Audits for Lighthouse は Lighthouse をベースにしたツールで、広告の表示スピードや全体的な品質の改善を図ることを目的としています。 複数の指標に基づいて広告関連の状況を分析します。 広告が引き起こす CLS を発見 CLS (Cumulative Layout 累積レイアウト変更)は、Core Web Vitals で Google が定めた 3 つの重要指標の 1 つです。 ビューポート内の要素の意図しない移動を計測する指標です。 広告、特に動的に挿入する広告は大きな CLS の発生源になりえます。 Publisher Ads Audits for Li...