設備投資下振れ、20年度6.8%減 内閣府・財務省調査

20/09/11 18:01

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://www.nikkei.com/economy/
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年09月11日(金) 18時01分53秒 +0900
タグ
財務省
言語 ja
カテゴリー 政治経済

コンテンツ概要

内閣府と財務省が11日発表した7~9月期の法人企業景気予測調査によると、2020年度の設備投資の額は前年度比6.8%減の見込みとなった。3カ月前の前回調査(4.4%減)から下振れした。機械器具やサービス業が2桁減と大幅に減る。 前年度と比較できる大企業と中堅・中小企業8千社あまりの設備投資の年間見通しを集計した。製造業は4.5%減、非製造業は8.1%減となった。いずれも6月に公表した前回調査より減少幅が大きくなった。 業種別では、はん用機械器具製造業が15.3%減、生産用機械器具製造業が14.7%減、娯楽などのサービス業が17.0%減と、大幅なマイナスを見込む。規模別にみると大企業は0.8%増、中堅企業は3.2%減、中小企業は23.3%減。