ドコモ口座、17行なお稼働 被害額2000万円に拡大  

20/09/11 21:01

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://www.nikkei.com/economy/
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年09月11日(金) 21時01分56秒 +0900
タグ
ドコモ 中国銀行 大垣共立銀行 S 東京 三輪 信雄 丸山 誠治 上野
言語 ja
カテゴリー 政治経済

コンテンツ概要

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し問題が混迷している。なお十数行の銀行でドコモ口座を利用できるため、預金の不正引き出しが起きるリスクがある。被害額は11日時点で約2000万円に拡大した。ドコモはサービス継続の姿勢を崩していないが、預金者保護の観点から専門家などからは批判の声が強まっている。 「サービスを全面停止しなかったのは驚きだ」。11日、ドコモの競合の通信大手幹部はこう話した。ドコモは10日の記者会見で謝罪し対策も公表したが、ドコモ口座の全面停止は見送った。 ドコモ口座で取引している地銀など35行について、新規登録は全行で停止し、新規のなりすましはひとまず防いだ。しかし、うち17行(11日午前10時時点)は既存の登録者が引き続きドコモ口座を利用できるため、不正引き出しなどの被害にあう可能性がある。 ドコモは11日、被害が12行73件、総額で約1990万円に増えたことをと明らかにした。中国銀行が約500万円、大垣共立銀行が約180万円の被害にあったとそれぞれ発表し、詳細も明らかになりつつある。 不正の手口は明らかになっていないが、捜査関係者...