菅首相会見要旨 規制改革「政権のど真ん中に」  

20/09/17 04:30

登録日

WebSite

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://www.nikkei.com/economy/
URL https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...
シェア日付 2020年09月17日(木) 04時30分46秒 +0900
タグ
安倍 日本 欧米 Go アベノミクス インド 太平洋 中国 ロシア 北朝鮮 河野 太郎 衆院 森友 財務省
言語 ja
カテゴリー 政治経済

コンテンツ概要

菅義偉首相の16日の記者会見の要旨は次の通り。 【安倍政権を継承】 安倍政権の官房長官として日本経済の再生、外交・安全保障の再構築、全世代型社会保障制度の実現という、この国の未来を左右する重要課題に取り組んできた。 今年に入り新型コロナウイルスの拡大と戦後最大の経済の落ち込み、かつて直面したことがない事態に真正面から対処してきた。 安倍晋三前首相が病気のため道半ばで退いた。無念の思いを推察する。国難にあたり政治の空白は決して許されない。危機を乗り越えて国民が安心した生活を取り戻すため、安倍政権が進めてきた取り組みをしっかり継承して前に進める。それが私に課された使命だ。 【新型コロナ対策】 今取り組むべき最優先の課題は新型コロナ対策だ。欧米諸国のような爆発的な感染拡大は絶対阻止し、国民の命と健康を守り抜く。その上で社会経済活動との両立を目指す。さもなければ国民生活が成り立たなくなる。 年初以来の新型コロナ対策の経験を生かす。検査体制を充実させ、必要な医療体制を確保する。来年前半までにすべての国民に行き渡るワクチンの確保をめざす。依然厳しい経済状況の中で、雇用を守り、事業を継続させ...