高校生がAIでWebサイトの改善点を提案するサービスを作った話

20/10/17 18:03

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source https://twitter.com/qiitapoi
URL https://qiita.com/rigarashi/items/72b...
シェア日付 2020年10月17日(土) 18時03分37秒 +0900
タグ
Web AI Visible Google Translate C WCAG チェックポイント Rule domhandler PostCSS AST アクセシビリティー docker y How パク HTML getComputedStlye Chrome CSS styleSheetAdded Interface interface ググ API Yarn node modules yarn focus Plug https system xstyled cluster page コール GraphQL redis
言語 ja
カテゴリー プログラミング

コンテンツ概要

まえがき アクセシビリティーの観点からWebサイトを診断し、AIプラットフォームを利用して得た情報をもとにベストプラクティスを提案してくれるオープンソースのWebサービス「Visible」を開発しました。 GoogleのLighthouseなど、Webサイトの診断を行ってくれるサービスは以前からありましたが、診断だけではなく改善点の提案も行う新しいサービスになっています。また、アクセシビリティーに関する理解を深めてもらえるように工夫をした設計にしていたり、コマンドライン版ではスタンドアロンで実行可能なようになっています。 2020年度の「独創的アイデアと卓越した技術を持つ小中高生クリエータ支援プログラム」未踏ジュニアに採択されていて、技術・資金面で援助を頂いており、11月1日にYouTube Liveで最終成果報告会が行われる予定です! 機能の紹介 WebサイトのURLを入力することでページを診断し、改善点を自動で提案してくれます。 以下に提案する修正の一例を紹介します。 alt属性 <img>要素はスクリーンリーダーやSEOのクローラーに画像の内容を説明するために...