Reusable development containers with Docker Compose and Dip — Martian Chronicles, Evil Martians’ team blog

2020年11月26日(木)

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source RubyInside
URL https://evilmartians.com/chronicles/r...
シェア日付 2020年11月26日(木) 20時25分41秒 +0900
タグ
Reusable team The minor configuration t to Dip s Let yes you re live within cache these project d let
言語 en
カテゴリー プログラミング

コンテンツ概要

Docker Composeファイルを制御しながら、最小限の労力で複数のDocker環境でコードを実行およびテストします。 YAMLのラングリングに費やす時間を短縮し、1つの簡単なコマンドで任意のホストフォルダーから選択したコンテナーにドロップします。 Ruby、Node.js、またはErlangの例を参照して、それらをスタックに適合させてください。それはすべて新しいMacから始まりました。商用プロジェクトに取り組み、約12の人気のあるオープンソースライブラリを維持している多言語開発者として、Ruby、Node.js、Go、Erlangが最小限の手間で私のマシンに共存することを確認する必要があります。また、異なるコンテキストを簡単に切り替える方法も必要です。プロジェクトAはRuby 2.6.6にロックされている可能性がありますが、ライブラリBはエッジ(3.0)、レガシー(2.5)、および代替実装(jrubyなど)の両方で機能する必要があります。したがって、環境rvm、nvm、rbenv、pipenv、virtualenv、asdf、gvmが必要です…頭字語のリストはどんどん長くな...

関連コンテンツ