Deep Dive: Moving ruby projects from Travis to Github Actions for CI

2020年11月27日(金)

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source RubyInside
URL https://bibwild.wordpress.com/2020/11...
シェア日付 2020年11月27日(金) 00時06分25秒 +0900
タグ
Deep CI s We ll Continuous Running t badge URL d private usually Will com free is m it volunteer or informal open we automated to ruby these there I i ve any matrix context latest x Details green builds a pr and push Don Create here Branch Add required that master jobs all re Job details continue just bundler on origin GitHub That spare marketplace like new In maybe future which Yeah OS level dependencies cache action It means
言語 en
カテゴリー プログラミング

コンテンツ概要

だから、これは私の超言葉の投稿の1つです。それがあなたのことではないのなら、今は中止しますが、一部の人々はそれらを好きです。少しコンテキストから始めて、travisビルドを置き換えるために使用したGithub Actions機能の詳細を、構成ファイルの例と利用可能なオプションの調査とともに説明します。私にとって、「継続的インテグレーション」(CI)とは、ほとんどの場合、すべてのPRで、場合によってはスケジュールされた実行で、「コードリポジトリで、開発時に自動テストを自動的に実行する」ことを意味します。他の人々は「CI」によってより広大なことを意味するかもしれません。私たちの多くにとって、CIの最初の経験は、Travis-ciが有名になり始めたときでした。おそらく8年ほど前です。 Travisはオープンソースで無料だったので、セットアップと使用がとても簡単でした。特にRailsプロジェクトの場合、ほとんどのサービスがドキュメントに重点を置いており、特にRubyとRailsにスムーズに適合しているように感じられました。 CIを行うことを聞いたことがありますが、非常に小規模で非営利のシ...

関連コンテンツ

世界中のエンジニアから愛されるオブジェクト指向スクリプト言語Ruby。多くの人々がこの言語にコントリビューションし、その成長を支えてきました。なかでも、特定バージョンのリリースの責任を持つ“リ...
ruby - 松本さん

RT @yugui: https://t.co/ifhxwG8SPQ 時代が違いすぎて通じてない読者を見かけた。 「issue管理どうする? trello? Redmine?」って話じゃないんだ。そもそも当時trello無いし。 issue管理って要るの? めんどくない? メ…

ruby - 松本さん

試行錯誤と改善を続けたRubyリリースマネジメントの歴史。その歩みを歴代の担当者たちが振り返る
これは CAMPFIRE Advent Calendar 2020 の18日目の記事です。 こんにちは。SREチームの加我です。12日ぶりですね。 今回はSREチームのオン...
家入 一真

RT @TAKA_0411: こんにちは、オンボーディングおじさんです。 SREチームとオンボーディングのちょっといい話|CAMPFIRE 開発チーム @CAMPFIREjp #note https://t.co/EAle1GxXXg

家入 一真

SREチームとオンボーディングのちょっといい話