Ruby Symbol to Proc explained, the short version

2020年11月27日(金)

登録日

Twitter

メディア

1

シェア重複数

情報

画像
Source RubyInside
URL https://blog.pjam.me/posts/ruby-symbo...
シェア日付 2020年11月27日(金) 06時05分17秒 +0900
タグ
Ruby s t let d naked It ve spaceship method array standard class Let that we ll You arguments and parameters interchangeably also
言語 en
カテゴリー プログラミング

コンテンツ概要

アンパサンドとシンボルを使用したこの奇妙な構文の内容&:object_idをメソッド呼び出しの引数として使用すると、シンボル:object_idがSymbol#to_procメソッドを使用してProcインスタンスに変換されます。この構文は、mapやirb(main):001:0> [1、2、3、4、5] .select(&:even?)=> [2、4] irbなどの列挙可能なメソッドと組み合わせると非常に便利です。 (main):002:0> [1、2、3、4、5] .map(&:even?)=> [false、true、false、true、false]:even?.to_procの結果はproc {| x |と非常によく似たprocインスタンスx.even? } 1つの大きな違いがあります。それらは引数を異なる方法で処理します。 procはメソッドほど厳密ではなく、引数を多く与えすぎ、無視し、十分に与えず、不足している値をirb(main):001:0> a_proc = proc {| a、 b、c | pa、b、c} irb(main):002:0> a_proc.cal...

関連コンテンツ

▼募集職種開発エンジニア ▼採用背景 事業の成長と拡大に伴う増員 ▼業務内容 CAMPFIREを中心とした各種サービスの開発及び運用を担当していただきます。担当領域はCAMPFIREがメインに...
家入 一真

RT @CAMPFIREjp: 事業の成長と拡大に伴い、開発エンジニア大募集! CAMPFIREを中心とした各種サービスの開発及び運用から新しいマーケットを牽引しよう。 <詳細はこちら> https://t.co/tUDpuW2jzg

家入 一真

新しいマーケットを牽引するCAMPFIREの開発エンジニア大募集!!