垣内勇威(WACUL)×松本健太郎(JX通信社)特別対談「マーケターに求められる役割と、キャリア形成のために20代でやっておくべきこと」

情報

画像
Source Keywordmap (キーワードマップ)
URL https://marketingnative.jp/mnlive01_r...
シェア日付 2020年12月24日(木) 18時46分21秒 +0900
タグ
垣内 WACUL 松本 健太郎 JX Marketing 田端 信太郎 大前 研一 毎日新聞 Google 江戸 東日本 赤川 次郎 東京大学 SaaS AI 日本 多摩 サイエンス 技術評論社 光文社 大和
言語 ja
カテゴリー SEO
登録日 2020年12月24日(木)
メディア Twitter
シェア重複数 1

コンテンツ概要

Marketing Native読者様からのリクエストで、素敵な対談企画が実現しました。株式会社WACUL取締役CIO・垣内勇威さんと株式会社JX通信社マーケティングマネージャー・松本健太郎さんのスペシャルコラボ「Marketing Native LIVE vol.1」です。 率直な表現で知られる両者だけに、一筋縄ではいかないだろうとハラハラしながら視聴したところ、お互いを尊重しつつも主張すべきところはしっかりと持論を展開する見応えのある展開となりました。 ――垣内さんは『デジタルマーケティングの定石』、松本さんは『人は悪魔に熱狂する』と、おふたりは2020年に本を出版し、話題になりました。あらためて、著書の中で最も伝えたかったことは何か、反響なども併せて教えてください。 垣内端的に言うと、無駄な仕事をやめて、もっと顧客を見ようということです。ある方に「この本には怒りが満ちているね」と言われたのですが、確かに私自身、デジタルマーケティングの領域に15年ほどいまして、怒りを感じることがあります。理由はデジタルマーケティングには無駄な仕事が多くて、携わっている人たちが前向きに取り組...

関連コンテンツ

[PR] by Google
[PR] by Google