ファイザー製コロナワクチン、英や南ア発見の変異種にも効果

情報

画像
Source 知念実希人
URL https://news.livedoor.com/article/det...
シェア日付 2021年01月08日(金) 18時11分31秒 +0900
タグ
ファイザー 南ア ニューヨーク ロイター 英国 南アフリカ テキサス ピアレビュー フィル ドーミッツァー
言語 ja
カテゴリー 医療・コロナ
登録日 2021年01月08日(金)
メディア Twitter
シェア重複数 1

コンテンツ概要

写真拡大 [ニューヨーク7日ロイター] - 米製薬大手ファイザーが行った実験によると、同社と独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンは、英国や南アフリカで見つかった感染力の高い新型コロナ変異種にも効果があるもようだ。ファイザーは米テキサス大学医学部の研究者らと実験を実施。査読(ピアレビュー)を受けていないが、この実験では、ヒトの細胞に感染する際に重要な役割を果たすスパイクタンパク質に「N501Y」と呼ばれる変異が見られるウイルスを中和する効果が示されたという。ファイザーのウイルスワクチン研究者の1人であるフィル・ドーミッツァー氏によると、この変異は感染力の高まりに関連している可能性があり、ワクチンが誘発する抗体の中和作用を回避する機能を担っている可能性も懸念されてきた。実験はワクチンを投与された人から採取した血液を使って行われた。感染力の高い変異種に見られる全ての変異に対して実施したものではなく、結果は限定的だ。ドーミッツァー氏は、ファイザーがこれまでに実験の対象とした15の変異に加えて今回の変異にもワクチンが有効であるとみられることは心強い発見だと指摘。「われわ...

関連コンテンツ

[PR] by Google