「緊急事態宣言」に対するTwitterでの反響調査レポートを公開。前回に引き続き、ネガティブな反響が多数を占めるも内容には変化

情報

画像
Source Keywordmap (キーワードマップ)
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000...
シェア日付 2021年01月21日(木) 11時34分25秒 +0900
タグ
Keywordmap Twitter NHK テレ朝 日テレ TBS セーフティ 自社 https MAIL km 石松 東京 赤坂 ソリューション アナリティクス Marketing
言語 ja
カテゴリー SEO
登録日 2021年01月21日(木)
メディア Twitter
シェア重複数 2

コンテンツ概要

■ツイート総数は9%減少 緊急事態宣言の発令1週間前から発令日までの「緊急事態宣言」を含む投稿数を、前回の緊急事態宣言の発令時と比較すると、前回は約446万ツイートだったのに対し、今回は約408万ツイートと、9%減少しました。 ​※Keywordmap for SNS Twitter投稿一覧機能を使用。 続いて、対象期間におけるツイート数の推移を比較すると、前回と今回の発令時では、ツイート数の増加のしかたに違いがみられました。 ※Keywordmap for SNS Twitter投稿一覧機能を使用 前回は、緊急事態宣言の発令前日である4月6日に投稿が急増し、4月7日には約196万ツイートと、ピークを迎えています。 一方、今回は1都3県の知事が緊急事態宣言を要請した1月2日にツイート数が急増し、1月4日には、政府が首都圏全体で「緊急事態行動」として人の流れを抑える対策を行う方向で最終調整していることが報じられ、発令前最大の投稿数である約83万ツイートにのぼりました。 ■前回に続きネガティブな感情が9割 ※Keywordmap for SNS 感情判定を使用 前回の緊急事態宣言が...

関連コンテンツ

[PR] by Google
[PR] by Google