米国在住の専門家が緊急提言「ワクチンについて知ってほしいこと」

情報

画像
Source 知念実希人
URL https://friday.kodansha.co.jp/article...
シェア日付 2021年01月25日(月) 18時12分00秒 +0900
タグ
米国 日本 AFP 宗太郎 ファイザー アメリカ イスラエル メリーランド フランス ロシアンルーレット 東京 沖縄 鹿児島 大分 千葉 埼玉 モンゴメリ 欧米 PCR 京都大 名古屋大学 東京大学
言語 ja
カテゴリー 医療・コロナ
登録日 2021年01月25日(月)
メディア Twitter
シェア重複数 1

コンテンツ概要

世界各国で接種が進む新型コロナワクチン。効果は?安全性は?…日本はワクチンは入手できるのか。情報が錯綜しているなか明るい展望もAFP/アフロ 新型コロナウイルス(以下新型コロナ)のワクチンが「とても期待できる」らしい。感染収束までうまくいけば「あと1年」という、米国国立研究機関の博士研究員で、病理学・ウイルス学・免疫学を専門に研究をしている医師の峰宗太郎氏に話を聞いた。 新型コロナのワクチンは「効果は9割超えの超優等生」 「開発されたばかりの新型コロナのワクチン、この「能力」は非常に高いです。昨年11月末に臨床試験の最終報告が出てくるまでは、そこまで期待していなかったのですが、ファイザー社とモデルナ社のワクチンの「発症抑制率」(ウイルスを浴びても発症しなくなるリスクの比率)が、94~95%。12月にはアメリカFDAに使用が承認され、1月20日現在、すでに世界で1200万人以上、イスラエルでは全国民の28%以上が接種しています。 これらのワクチンは2回打たないと試験通りの効果はないのですが、イスラエルでは1回目の接種をした人からすでに30%以上、感染率が下がり始めていると報告され...

関連コンテンツ

[PR] by Google