NO.156 甲子園のなかった夏

シェアした人

病理医ヤンデル @Dr_yandel
いい文章なんですよこれがまたほんとに https://t.co/Ps3D6rZmfW 朝、メルマガで先に読んで、ウェブで公開されたらぜったい紹介しようと思ってた

コンテンツ概要

「人に会う、人の話を聴く」というテーマを掲げて、ほぼ日の學校がいま「開校」の準備を進めています。 そんなタイミングで出会った1冊が、早見和真(はやみかずまさ)さんの『あの夏の正解』(新潮社)という作品です。小説ではなく、作家が初めて挑んだノンフィクション。 リアルに人と会い、決して答えを誘導しないように注意を払い、当人ならではの考えに考え抜いた言葉だけを、じっくり聞き出そうとしたインタビューです。 2020年5月、「夏の甲子園」全国高校野球選手権大会がコロナ禍で中止になると発表されます。春の選抜大会に続いて、球児たちの夢舞台が奪われます。その中止決定から3年生引退までの約3ヵ月、「目に見える形で大切にしてきたもの」を突然失った選手や監督が、この出来事をいかに受け止め、何を思い、どのように夏を過ごしたのか。その現場に密着し、本音に迫ったルポルタージュです。 取材対象は、愛媛県の済美(さいび)、石川県の星稜という、高校野球ファンにはおなじみの強豪2校の野球部です。甲子園への最短距離だと信じるからこそ、この学校に入った部員たち。苦しい練習にも、厳しいレギュラー争いにも、めげずに頑張っ...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング

Sharer

[PR] by Google