変化こそが正確さの源

シェアした人

病理医ヤンデル @Dr_yandel
変化こそが正確さの源|大須賀 覚 @SatoruO #note https://t.co/neyHsTuOZv 「良い医療者とは変われる人」。おっしゃるとおりです。往復書簡マガジン『俺たちは誤解の平原に立っていた』が更新されました。

コンテンツ概要

さあ、始めましょう! 往復書簡マガジン「俺たちは誤解の平原に立っていた」の第9回目です。 前回の私の記事では、「正しい」の決め方についてお話ししました。医療でこの薬は効くのかなどを決めるには、質の違う積み木を重ねて、その高さで「正しい」かの判断をするというお話をしました。 それに対してのヤンデル先生の記事では 「こういう正しさもあるよね」という自己主張が許されない場面が医療にはあるという話で、とても熱い、素晴らしい記事でした。 多様な価値観を持ってもらって構わないのですが、他人の命を危険に晒すような主張は看過できないというのが、私も感じるところです。 どんどん深まってきましたね。医療情報の本質に向かって、さらに突き進んでいきたいと思います。 さて今回は「変化こそが医療情報の正確さの源だ」というお話をします。 主張が一貫していれば信頼できる? 「あの人は言うことがいつも一貫している。だから、信頼できる」 良く聞く言葉です。たしかに、言うことが変わる人は信頼できないと感じる方も多いかと思います。 医療情報に対しても、同じ考えを持たれて、医療者の言うことが、前のと違ったりすると、「言...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング

Sharer

[PR] by Google