30〜40代なんてまだ何も始まってない…「怖い」に突き動かされた燃え殻さんの仕事観

シェアした人

病理医ヤンデル @Dr_yandel
RT @gendai_biz: 30〜40代なんてまだ何も始まってない…「怖い」に突き動かされた燃え殻さんの仕事観 : https://t.co/gGB4vg0vrq #現代ビジネス

コンテンツ概要

テレビの美術制作会社の社員として業務日報代わりに呟いていたTwitterが反響を呼び、執筆活動をスタートした燃え殻さん。ベストセラーとなった処女小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、今年Netflixで映画化されることが決定している。 最新作のエッセイ『夢に迷って、タクシーを呼んだ』(扶桑社)では、燃え殻さんが「自分の社会性のなさに引く」姿や、出会った人々の汚さや優しさが過去の記憶と溶け合うように綴られている。 40代で文学という新しい世界に飛び込んだことを「僕にできたんだからみんなできます」と言う燃え殻さん。その仕事観や、30代、40代の人たちに伝えたいことを語ってくれた。 (撮影:林直幸) 『夢に迷って、タクシーを呼んだ』   なぜ40代で新しい挑戦をしたのか ――燃え殻さんが、今もテレビ美術制作会社と小説家の2足のわらじを履き続けているのはなぜなのでしょうか? 燃え殻こういう状態を続けているのは、30代、40代の会社の後輩達に、「これからいろんなことができる」とプレゼンしたい、「まだ終わっていない」と言いたいというのがあります。僕らの世界はものすごい狭く...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング

Sharer

[PR] by Google