国分太一、病気で1カ月入院した過去「デスモイドっていう恐ろしい名前」(SmartFLASH)

シェアした人

榎木英介 @enodon
βカテニン免染したんか、とか病理医として思ったけど、デスモイド腫瘍が何なのかの説明がない…。 https://t.co/i29mMEPAKS

コンテンツ概要

TOKIOの国分太一が、4月30日放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演し、1カ月ほど入院して手術したことを語った。国分はナインティナインと『24時間テレビ』(日本テレビ系)のロケでクワガタ獲りに行き、ハチに刺されるなど大変な目にあったことがあるという。矢部浩之が「国分さんもけっこう体調壊したり」と話すと、岡村隆史が「それもあんま発表せえへんかったもんな、実は」と国分に話を振った。国分が1カ月以上入院したときの病名は「デスモイド(腫瘍)っていう恐ろしい名前」で、「良性だったのでよかったですけど。こぶしぐらいの腫瘍が右の腹筋にできて、それを摘出しなければいけなかった」と説明。「病院から『ゴチになります』に参加したりとかして」と回想した。岡村は自身が痔になったことを明かしつつ「意外と我々、ボロボロの体でロケやってた」と振り返っていた。国分の話にSNSではさまざまな意見が寄せられた。《国分さんデスモイドの手術したとき1ヶ月以上入院してて病院からゴチのロケとか仕事に行ってたのか。公表してないから当時ほんとになんにも気づかなかったもんな…。今後はもし...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング セキュリティ情報 障害情報

Sharer

[PR] by Google