内田麻理香 復興庁HPから消えたトリチウムのゆるキャラと「欠如モデル」(中央公論)

シェアした人

榎木英介 @enodon
「このように、科学に関するようにみえる問題があった際、人びとの科学的知識を増やすことで解消できると考えることは、科学コミュニケーションでは「欠如モデル」と呼ばれる。」 https://t.co/flNqP7PP1q

コンテンツ概要

復興庁がチラシや動画で放射性物質トリチウムを「ゆるキャラ」化していた問題を、科学技術社会論研究者の内田麻理香さんが、「欠如モデル」という概念を使って読み解く。(『中央公論』2021年6月号より) 東京電力福島第一原発事故の後、増え続ける処理水が問題となっていたが、政府は四月十三日に、この処理水を海洋に放出する方針を決定した。その同日に、復興庁はトリチウムをかわいらしい「ゆるキャラ」のようなキャラクターで表現したチラシや動画をインターネット上に公開した。しかし、この公開直後から被災地やインターネット上で批判が続出し、復興庁は次の日にはチラシや動画の公開を中止することになった。復興庁は、処理水による風評影響を抑制するためには、処理水の安全性等について、科学的な根拠に基づく情報を発信することが重要と考えたため、イラストを用いてわかりやすく説明しようとしたという。イラストでやさしく説明することが風評被害を抑えることにつながるのだろうか。このように、科学に関するようにみえる問題があった際、人びとの科学的知識を増やすことで解消できると考えることは、科学コミュニケーションでは「欠如モデル」と...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング セキュリティ情報 障害情報

Sharer

[PR] by Google