なぜ『おちょやん』は朝ドラ屈指の名作となりえたのか その壮大な構想を検証する(堀井憲一郎)

シェアした人

enodon @enodon
「おちょやん」愛に溢れたいい記事だなあ。 https://t.co/noT4XvVdsv

コンテンツ概要

『おちょやん』の壮大さのもとにあるもの 朝ドラ『おちょやん』は、スケールの大きなドラマだった。 (本稿は前稿『屈指の名作となった朝ドラ『おちょやん』の山場を13時ニュース三條アナ視線で振り返る』 で触れた「家族をテーマにした名作ドラマだった」という部分を、あらためて深く掘り下げたものである。また最終話まで詳しくネタバレしているのでご留意ください) 壮大だったのは最後まで見ないと意図の汲めないドラマとなっていたところだ。 ときどきそういう朝ドラはあるのだが、それにしても構成が壮大だし、言い方を変えると「作り方がのん気」である。 半年間ずっと見てもらうことが前提になっている。 『おちょやん』のテーマは「家族」であった。 「本当の家族とは何か」について示したドラマだった。 ただそのテーマと狙いがはっきり実感できたのは、ラスト3週である。 見ているほうの勘が悪かったのではないかといわれればそのとおりかもしれないが、そういう作りになっていたからしかたがない。 全体の流れでいうなら、全23週のうち、20週が前振り、最後3週でそれを回収するドラマだったということになる。 壮大で、のん気であ...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング セキュリティ情報 障害情報

Sharer

[PR] by Google