過去に新型コロナに感染した人はワクチンを接種すべきか?(忽那賢志)

シェアした人

知念実希人 @MIKITO_777
RT @RibbonChieko: TVを即、鵜呑みにしてはいけない例 忽那賢志先生の解説 https://t.co/bQaR0Yvo87 ワクチン接種での抗体価は、コロナの既往がある人は接種前から抗体価が高いが、接種によって更に抗体価が上昇し感染したことがない人よりも10〜…

コンテンツ概要

日本国内には2021年3月28日時点で新型コロナ感染者数が46万人を超えています。 これらの過去に新型コロナに感染した方々はワクチンを接種すべきなのでしょうか? 一般的に感染症に罹ると免疫ができる 感染症に感染すると免疫ができます。 例えば、麻しん(はしか)や風しん、水痘(水ぼうそう)などに感染すると、多くの人では生涯これらの感染症に罹らなくなります。 これは、感染によって作られた免疫が長期間持続するためです。 一方、性感染症である梅毒のように、一度感染しても何度でも感染する感染症もあります。 新型コロナに再感染は起こり得るのか? 一度新型コロナに感染した人が一度PCR検査が陰性になった後、再びPCR検査が陽性になることがあります。 しかし、この2回目のPCR陽性は必ずしも再感染を意味するものではありません。 新型コロナの症状がよくなり、PCR検査で陰性を確認してから退院した後(※現在は変異株の患者以外はPCR陰性を確認する必要はありません)、PCRが再び陽性となることはしばしば経験されます。 しかし、多くの場合はPCR検査によって「ウイルスの残骸」を検出したものであり、再感染...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング セキュリティ情報 障害情報

Sharer

[PR] by Google