町長「医療従事者に準じる」 優先接種した首長の理屈 [新型コロナウイルス] [フカボリ]

シェアした人

高須克弥 @katsuyatakasu
町長さんを支持します。 https://t.co/K9GitYEPep

コンテンツ概要

新型コロナワクチンを接種した経緯を説明する城里町の上遠野修町長(中央)=2021年5月13日午前9時20分、茨城県城里町、藤田大道撮影 [PR] 次々と発覚した自治体トップらの「優先接種」。首長はどう説明したのか。その説明は国が示す基準に照らして公正といえるのか。掘り下げてみた。 町長接種、なぜ非公表「やましさ疑われても仕方ない」茨城・城里町長がワクチン接種「自分も医療従事者」62歳の町長、対象外なのにワクチン接種兵庫県神河町岐阜・下呂市長、「無駄にしない」とキャンセル分を接種兵庫・三田市長高齢者接種向け始まる前にワクチン接種 会見した茨城県城里町の上遠野(かとうの)修町長(42)によると、接種を受けたのは4月28日。26、28日に町内の医療従事者162人に集団接種する予定だったが、12人分が直前にキャンセルになった。 キャンセルが出たら、接種会場の受付などを担当する町職員9人と町長ら幹部3人に接種することにしていた、と説明する。 上遠野氏は接種の理由を「自身が接種会場となる診療所の設置者で医療従事者に準ずる」と主張した。さらに「国の通知に従った」と強調。町立施設が接種会場にな...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング セキュリティ情報 障害情報

Sharer

[PR] by Google