「東京五輪中止なら多額の賠償金」は本当? 判断基準 “スイス法” の専門家は意外な見解(東スポWeb)

シェアした人

hashimoto_lo @hashimoto_lo
「東京五輪中止なら多額の賠償金」は本当? 判断基準 “スイス法” の専門家は意外な見解(東スポWeb) https://t.co/qCBLrZE0kn →賠償義務については大いに争う余地がある。だから賠償義務があるからやらざるを… https://t.co/hQ34OUW5RP

コンテンツ概要

東京五輪開催を巡り、国内外で「中止」を求める声が噴出している。開催権限を持つ国際オリンピック委員会(IOC)に対し、日本側から「中止」を申し出る可能性はあるのか。そのカギを握るのがIOCへの賠償金問題。法律専門家の間でも意見は二分されるが、実は最終判断の基準となるのは「スイス法」だ。そこで同分野の専門家を直撃。法廷闘争となった場合の行方を占った。【写真】〝五輪中止〟Tシャツが再びバカ売れ!日本から中止を言い出せば多額の賠償金が発生――。こんな〝定説〟が巷間ささやかれる。スポーツ法に詳しい早川吉尚弁護士(52)は「東京都が義務を履行しないと決定した場合は損害賠償責任を果たさなければならない」と大原則を掲げるが、最近では元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)、五輪中止署名活動を行う宇都宮健児氏(74)らが支払い義務を否定。いったい何が正解なのか?実は、開催都市契約の87条には「本契約はスイス法に準拠する」と明記されており、IOCのお膝元でもあるスイスの法律に答えが隠されているのだ。そこでスイス法に詳しい奧野総合法律事務所・外国法共同事業スイス連邦法弁護士のミハエル・ムロチェク氏を直...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング セキュリティ情報 障害情報

Sharer

[PR] by Google