「リスクがあるなら承認すべきじゃない」...アストラゼネカ製“承認すれども使わない”厚労省判断に橋下苦言(フジテレビ系(FNN))

シェアした人

hashimoto_lo @hashimoto_lo
「リスクがあるなら承認すべきじゃない」...アストラゼネカ製“承認すれども使わない”厚労省判断に橋下苦言(フジテレビ系(FNN)) #Yahooニュース https://t.co/f9dM1IAH6H

コンテンツ概要

厚生労働省は21日、英アストラゼネカ製と米モデルナ製のワクチンを特例承認した。米ファイザー製とあわせて国内では3種類が承認された。しかし、アストラゼネカ製はごくまれな副反応として血栓症が報告されたことから、当面は公的接種の対象から外し、対象年齢や使い方を引き続き議論することになった。5月23日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」にゲスト出演した、東京都医師会の尾崎治夫会長は、厚生労働省の判断について、ファイザー製やモデルナ製の副反応として報告されているアナフィラキシーは「接種会場で最長30分間みていればまず防げる」とする一方、血栓は「接種後、数日や1週間で起きてくる。肺の血栓症だとか脳の血栓症が起きると致命的なことになるので、副反応として扱いが難しい」と述べ「厚労省の判断は妥当」と評価した。これに対し、番組のレギュラーコメンテーターの橋下徹氏は「僕はアストラゼネカ製でも早く打てるのだったら、打ちたいと思っていた。厚労省が承認したのであれば、僕はそこを信用して、と思ったのです。(しかし)厚労省が、リスクがある(と判断する)のだったら、やっぱり承認すべきじゃないですよ...

情報

[PR] by Amazon
[PR] by Amazon

関連コンテンツ

カテゴリー

SEO プログラミング 政治経済 ゲーミング 医療・コロナ 実業家 建築 ロードバイク 学術 介護 音楽 まんが 金融 保険 教育 英会話 クレジットカード ライフエンディング セキュリティ情報 障害情報

Sharer

[PR] by Google