ホーム > 和書 > 文庫 > 日本文学 > 実業之日本社文庫 内容説明 広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍...
★前回の記事はこちら。 ※本連載は第45回です。最初から読む方はこちら。 前回は、日本の人びとは非常に自律性が高い国民であること、意識調査によっては、設問を少し変えるだけでまったく違う結果を導...
<12月上旬刊行予定> こちらは予約注文商品です。12月上旬の発送となります。 ISBNコード:978-4-9910614-5-5C 0095(文芸)判型:B6変形 初回特典オリジナルシールつ...
★前回の記事はこちら。 ※本連載は第44回です。最初から読む方はこちら。 前回は菅政権が掲げた「自助、共助、公助、そして絆」という公約に関する論争を取りあげ、日本社会における自助努力を重視する...
『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人著 PR 「僕にしか書けない恋愛小説です」 現役医師でもある作家の知念実希人さんが自らそう語ったのが本作です。 広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷(...
上記機関の所在地 必須 ---北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪...
★前回の記事はこちら。 ※本連載は第43回です。最初から読む方はこちら。 菅義偉氏は、自民党総裁選の際に「自助、共助、公助、そして絆」という公約を掲げました。合流新党の立憲民主党の代表に選出さ...
「この本のおかげで、いまの私がある」をテーマにお話を聴く連載「私の本」。今回は、国際政治学者の三浦瑠麗さんにお話を伺いました。自伝的エッセイ『孤独の意味も、女であることの味わいも』(新潮社)で...
{{content.content}}
content.longer_tags